HOME森林カーボンオフセットサポーター株式会社日本総合研究所 篠原信博

















企業のマーケティング部門とリサーチ&コンサルティングを通じて情報交換をする中、ここ数年、企業のCSRや環境関連部門の皆さんとの交流が増えてきました。

企業のCSR関連部門は、社会的貢献の手段としてカーボン・オフセットに関するスタディを進め、取り組みを始めつつあります。先進企業においては本業として発生しているCO2をどう削減し、さらに一歩踏み込んでどうオフセットするかに取り組んでおられます。その中で、「活動(価値)をどう効果的に自社のお客さまや社会にお伝えするか」という課題に直面しているように思います。

一方、マーケティング部門の皆さんは常日頃から新製品開発のための新しいネタを貪欲に探されています。環境やエコロジー、そして、カーボン・オフセットについても、何らかの活用が出来るのではないかと興味を持ちつつも、カーボン・オフセットそもそもの仕組みについてまだまだスタディが十分でないケースもあるようです。

企業のご担当者様は、地球温暖化防止への活動を本質的に継続するためにも、実業への貢献を経営から求められておられます。こうした経営からの要求に対して、カーボン・オフセット活動そのものを自社商品のブランドに取り込んで、マーケティング活動の一環として取り組む動きも始まっています。

このような状況の中、各企業で、投資対効果、ブランドイメージへの貢献を含め、自社にとって最適な地球温暖化防止への活動を検討されています。

そこに、森林カーボン・オフセットという新たな選択肢が登場して参りました。国土の2/3を占める日本の森を、CO2を吸収する装置として価値の再定義を行うこの取り組みは、日本の企業に地域密着型の環境貢献策として新たな選択肢を与えるものであります。

こうした新たな価値が付与された商品が市場に出回るようになった時、海外から購入した排出権やグリーン電力などの証書付き商品とは異なった、もっと身近な環境貢献意識を生活者に与えてくれる可能性を私は感じます。 森林カーボン・オフセットのマーケティング効果とは、まさにこうした生活に密着した日本の森への貢献を生活者一人一人が消費活動を通じて実感できる点にあると思います。 今後、企業のマーケティングへの活用という点で大いに可能性を感じる取組みと思います。



このページのトップへ