HOME森林カーボンオフセットサービスとは森林カーボンオフセットサービス















森林管理(整備)によるCO2吸収量が環境省オフセット・クレジット(J-VER)制度に基づいてクレジット化されます。
このクレジットをカーボン・オフセットとして利用したい法人・個人にお申し込みと契約により、簡便に利用できるサービスを提供しています。 お問い合わせはこちら



  1. サービスとして提供します。
    CO2吸収量を移転するのではなく、証明された森林吸収CO2量を森林カーボンオフセットサービスとしてサービス購入していただき、京都議定書森林吸収3.8%の側面支援をしながら、CSRに活用いただけます。

  2. 商品・サービスへのサービス利用表示が可能です。
    森林カーボンオフセットサービス利用マークを準備し、企業が商品、サービス個々への表示可能とすることで、環境貢献意識の高い企業様は、商品・サービスの単位でまた、商品を利用される一般消費者の方も貢献参加意識の醸成が可能です。
    企業のCSRやイメージアップなどに活用いただけます。
    必要であれば、企業におけるサービス利用の効果測定コンサルも行います。

  3. 小さな取組からでもご活用いただけます。
    CO2吸収量をご利用いただく単位で、森林管理の取り組みが小口化されることになり、これまでの「企業の森」のような大きな取り組みだけでなく、小さな環境貢献も可能になります。



森林カーボンオフセットサービス利用企業には、

  1. 利用証明マーク(管理ナンバー付き/商品、サービス個々へ表示できます)
  2. 利用証明書
  3. 利用内容詳細説明専用ウェブページ(利用証明ページ、対象森林ページ、削減量表示ページなど)
  4. 間伐材製品ノベルティ(森の缶詰など)

が発行されます。


森林カーボンオフセットサービス利用証明マーク
(1)オフセット対象のすべての広報ツールなどにご利用いただけます。
(2)発行される森林カーボンオフセットサービス利用証明ナンバーは企業ごとに管理されています。

ご利用各社サービス利用内容詳細説明専用ウェブページ
・ サービス利用証明ページ
・ CO2吸収対象森林ページ
・ CO2削減量の説明ページ
・ 間伐材製品ノベルティ紹介ページなど

森林カーボンオフセットサービス利用証明書
森林カーボンオフセットサービス利用証明書は、弊社とオフセット・クレジット(J-VER)制度に基づく温室効果ガス吸収プロジェクトの代表事業者と連名で発行します。




初期費用 60万円(森林カーボンオフセットサービス利用マーク・専用ページ発行・500t-CO2までの管理費用など)
利用CO2データ管理費用 1回のご利用が500t-CO2を超えると1t-CO2当たり180円のデータ管理費用がかかります。
CO2クレジット
1t-CO2当たり7,000円〜10,000円程度が目安になります。
2011年1月現在

詳細は、お問い合わせください。



このページのトップへ