HOME森林カーボンオフセットサービスとは森林カーボンオフセットの仕組み















森林が吸収するCO2量を森林カーボンオフセットマークとして、商品やサービスに添付できる形で提供し、企業は自社の商品やサービスでPRすることで「企業の環境貢献などの社会的貢献」や「企業イメージアップ」などに活用できます。またその費用は、森林組合などが実施する森林管理にかかる森林管理費用に充当するという仕組みです。



日本の森林をCO2の吸収源とした、カーボンオフセットで森林へ資金を還流させ、森林に対する需要を高め、植栽、保育、間伐など森林の手入れが定期的に行われる。

私たちは、日本の森林組合とともに日本の森林を活性化させるために、「森林カーボンオフセットサービス」を提供しています。 企業、個人の皆様にご提供する森林によるカーボンオフセットは、日本の林業を支援し、日本の森林の整備、水源涵養機能の向上、災害防止、生物多様性保全など森林の持つ環境機能維持に寄与します。


東河内株山共有林森林管理プロジェクト1 対象森林 遠景



CO2吸収量算定風景

兵庫県森林組合連合会・しそう森林組合により、兵庫県宍粟市の東河内株山共有林内で2007年4月以降2008年までに間伐されたエリアを選定し、内5ヵ所でプロット調査を実施。
プロット内すべてのスギ・ヒノキの胸高直径・樹高測定し、対象森林の地位級を決定した上で、どれだけのCO2吸収量が見込めるかの算定を実施しました。 また、モニタリングのためプロット箇所の緯度・経度を測定しています。

樹高測定バーテックス4で測定

プロット位置の設定
Pathfinder SB(GPS)、Trupluse 360により位置設定



このページのトップへ