HOME森林カーボンオフセットサービスとは森林カーボンオフセットサービスとは














  1. 地球温暖防止と身近な日本の森林の環境保全の支援につながるカーボン・オフセットの手法です。
  2. 森林カーボンオフセットサービス利用により、森林環境保全に資金が還流します。
  3. 森林の環境価値であるCO2吸収機能を利用していただき、森林環境保全に協力し、自社商品やサービスでPRすることで「企業の環境貢献などの社会的貢献」や「企業イメージアップ」などに活用して頂けます。



■内容
  1. 環境省オフセット・クレジット(J-VER)制度※1を活用し、森林環境価値であるCO2吸収量を森林組合連合会および森林組合が調査、クレジット化します。

  2. サービス提供は、株式会社日本オフセットデザイン創研が行います。 森林カーボンオフセット利用サービスの開発、及び販売は、株式会社日本オフセットデザイン創研に委託されており、サービス提供は、株式会社日本オフセットデザイン創研が行います。 CO2吸収量の提供方法は、取得するクレジットを移転するのではなく、J-VERプロジェクト登録される森林吸収CO2量を森林カーボンオフセットサービスとしてサービス購入していただきます。 (利用目的のないクレジット転売防止のため)

  3. 地球温暖化防止のためのCSRとしてご活用いただけます。※2
    森林カーボンオフセットで利用される環境省オフセット・クレジット(J-VER)制度の森林吸収系ポジティブリスト・方法論によるプロジェクトは、京都議定書森林吸収3.8%の支援する位置づけとなります。

  4. ご契約いただきますと以下がご利用いただけます。

    1. 森林カーボンオフセットサービス利用証明マーク(管理ナンバー付き) 商品、サービス個々へ表示できます。
    2. サービス利用証明書
    3. サービス利用内容詳細説明専用ウェッブページ(利用証明ページ、対象森林ページ、削減量表示ページなど)
    4. 間伐材製品ノベルティ(森の缶詰など)

  5. 他の森林環境保全事業との違い
    例えば、「企業の森」のような、企業が一定エリアの森林整備を担うのではなく、定量化されたCO2削減活動に活用ができ、広く企業参加を募ることができる仕組みです。


※1【環境省オフセット・クレジット(J-VER)」とは】
「環境省オフセット・クレジット(J-VER)」とは、環境省による「カーボン・オフセットに用いられるVER(Verified Emission Reduction)の認証基準に関する検討会」の議論におけるオフセット・クレジット(J-VER)制度に基づいて発行される国内における自主的な温室効果ガス排出削減・吸収プロジェクトから生じた排出削減・吸収量を指します。カーボン・オフセット等の自主的な取組に活用可能です。 また、「調整後温室効果ガス排出量」の報告に利用できるクレジットとしてJ-VERクレジットはご利用できます。「調整後温室効果ガス排出量の調整方法の告示」(経済産業省・環境省告示第五号))

※2【オフセット方法】
J-VER制度における森林吸収系ポジティブリスト・方法論によるプロジェクトのうち間伐型プロジェクトは、対象森林の5年間の森林吸収量がクレジットとなります。ご利用いただくCO2量に対応し、J-VERクレジット発行のための検証受け、J-VER登録簿にて無効化手続きを実施します。


自分の温室効果ガス排出量のうち、どうしても削減できない量の全部又は一部を日本の森林によるCO2の吸収量でオフセット(埋め合わせ)できるサービスです。 カーボンオフセットした企業は、商品やサービスなどの提供の際に、地球温暖化防止に対する社会的責任への対応としてご利用いただけます。



森林組合連合会の森林カーボンオフセットへの取り組みは、平成20年度林野庁補助事業環境貢献ビジネスモデル事業として兵庫県森林組合連合会にてモデル事業化が進められています。 兵庫県をはじめ、他府県からの森林整備から生じるCO2吸収量の利用を進めています。


このページのトップへ